飲みすぎると頭痛になるのは何故?頭が痛くなりにくいお酒はある?

頭痛に悩む男性

 

お酒を飲んでいる時、またはお酒を飲んだ次の日に頭が痛くなる人ってよくいますよね。

 

私の友人はお酒3杯程で頭が痛いといつも言います・・・。

 

では、なぜ飲みすぎると頭痛になるのか?
その理由と、予防するために頭が痛くなりにくいお酒も紹介して行きたいと思います。

 

更に、飲みすぎて頭痛になってしまった場合の対策も紹介!
アルコール頭痛に悩む人は必見です。

 

お酒を飲みすぎると頭痛になるメカニズム

 

それでは早速、お酒を飲むと頭が痛くなるのは何故なのか?
その原因を3つご紹介します。

 

@お酒を飲むと血管が拡張するから

お酒を飲むと、血中のアルコール濃度が高くなります。

 

血液内にアルコールが多くなるとカラダは「アルコールを追い出したい!」という働きを行うようになります。

 

そうすると血液をたくさん流して早くアルコールを流そうと働きだします。
血液をたくさん流すために血管は広がりだします。この広がった血管が神経を刺激して頭が痛くなるのです。

 

この症状はお酒を飲んですぐになることが多いですし、アルコールを早く外に出したい!とカラダが訴えているわけですから、そもそもアルコールがカラダにあまりあっていない人に起こりやすい症状です。

 

Aアルコールが分解されてできる「アセトアルデヒド」

 

アルコールは肝臓で一度「アセトアルデヒド」という毒素に分解されます。

 

お酒に強い人であればこの「アセトアルデヒド」が再度肝臓にて「酢酸」になり、水と二酸化炭素に変換されます。

 

しかし、お酒が元々弱い人、または肝臓の働きが間に合わないくらいのアルコール量を飲んだ人は「アセトアルデヒド」が分解されないまま血液を通って身体中をめぐっていきます。

 

当然アセトアルデヒドは毒素ですからカラダは早く外に出そうとしてさっきと同じように血管を広げます。
そうすると血管が神経を圧迫して頭痛を起こすのです。

 

これは、いわゆる「二日酔い」などお酒を飲んだ次の日くらいに現れる症状です。

 

Bお酒を飲むとカラダの水分量が少なくなる

 

アルコールがカラダに入ってくると、利尿作用と言って尿をたくさん出そうとする働きをカラダが起こします。

 

たくさん飲んでいるからトイレに行く回数が増えるのではなく、アルコールが入ってきた水分量以上におしっこを出そうとしてしまうのです。

 

当然、カラダの中の水分は足りなくなってきます。
そうすると血液量が少なくなってしまうのでカラダのありとあらゆるところから水分をもらおうとします。
やがて、脳に必要な水分までもが血液に持っていかれようとします。

 

脳にはたくさんの水分が必要なのですが、水分量が足りなくなってしまうと細胞の一つ一つが縮こまってしまうのです。

 

ということは、脳が「きゅー」っと閉まってしまうので頭痛を感じるようになるのです。

 

また、カラダの水分量が足りなくなると本来水分でサラサラだった血がドロドロになってしまいます。
ドロドロ血はキレイに血管の中を流れることができないので当然カラダは「血液量が減った」と感じ、血管を広げて血液をたくさん流そうとします。
そうすると、また広がった血管が神経を圧迫して頭が痛くなるのです。

 

頭痛になりやすいお酒ってあるの?

お酒なんてどれも一緒ではないの?と思うかもしれませんが、お酒の中でも頭痛になりやすいお酒となりにくいお酒があるのです。

 

では、どんな種類が頭痛になりにくいお酒なのでしょうか。

 

@「醸造酒」より「蒸留酒」を選ぶ

醸造酒や蒸留酒

 

お酒は穀物や果実を酵母によってアルコール発酵させて作ります。

 

そして、この発酵させた状態のものをそのまま飲むのがビールやワイン、日本酒などの「醸造酒」。
もう一つ、原料を発酵させた醸造酒をさらに蒸留して造るウィスキーやブランデー、ラムやウォッカなどのスピリッツ、焼酎などの「蒸留酒」の2種類があります。

 

醸造酒(じょうぞうしゅ) 蒸留酒(じょうりゅうしゅ)
頭痛になりやすい 頭痛になりにくい

・ビール
・ワイン
・日本酒

・ウィスキー
・ブランデー
・ラム
・ウォッカ
・焼酎

 

二日酔いによる頭痛の原因の一つに、アルコール飲料の不純物やメチルアルコール(メタノール)の多いものがあげられます。

 

蒸留酒のほうが醸造したお酒を再度蒸留させるので、当然不純物は入りにくくなっているのです。

 

ただ、同じ蒸留酒でもウィスキーやブランデー、テキーラなどは銘柄によってメタノールが含まれているものもあるため、この限りではありません。蒸留酒の中で比較的この不純物が少ないものは焼酎、ウォッカ、ジン、ラムがあります。

 

しかし、度数が高いものばかりなので、焼酎の緑茶割りや水割りなどを飲むのがおすすめです。

 

Aメタノール・不純物の入っていないお酒を選ぶ

 

ワインがどうしてものみたい!というときには赤ワインより白ワインのほうが不純物が少ないです。
また、ウォッカは不純物が少ないので、これもまた頭痛になりにくいのです。

 

また、ウィスキーやブランデーには蒸留酒でありながらメタノールが含まれているので頭痛が起きやすいです。
でも、ビールや日本酒だって飲みたい!なんて気分の時にはできるだけ値段が高いものを選ぶようにしましょう。

 

値段が高いお酒というのは、その分不純物やメタノールの除去に手間がかかっているお酒です。
安酒は二日酔いしやすい、というのは本当なのです。

 

これらのことをまとめると、

 

  • 醸造酒より、蒸留酒を選ぶ
  • ワインは白にする
  • 基本ウォッカや焼酎を飲む
  • ビールなど醸造酒が飲みたい時は値段が高いものを

 

飲みの席で頭が痛くなると、楽しく飲めなくなってしまいますよね。
また、二日酔いで頭痛になると本当に辛いものです。

 

徹底して飲むお酒を全て変えなくてもいいですが、最初の何杯かは好きなものを飲んで、後は頭痛にならないように意識した飲み方をしても良いかもしれませんね。

 

飲みすぎで頭痛に!4つの対策を紹介

@血管の拡張を抑える

頭痛で頭を冷やす男性

 

二日酔いによる頭痛はそのほとんどが血管の拡張によるもの。
広がった血管を元に戻してあげるために一番いい方法はとりあえず冷やすこと。

 

間違って温めてしまうと頭痛がひどくなったりすることがありますので要注意です。
そして、余分に血液の流れを増やさないためにとりあえず安静にしておくこと。

 

涼しい場所で横になりながら頭を冷やすのがいいでしょう。
さらにコーヒーやコーラ、緑茶に含まれるカフェインは血管を収縮させる働きがありますが、カフェインが効いてくるのは飲んでから約30分〜1時間後。

 

頭痛が気になる方はあらかじめコーヒーなどを飲んでからお酒を飲むか、コーヒー割、緑茶割などにして飲むのも一つの手です。

 

ちなみに、沖縄では泡盛のコーヒー割がよく飲まれています。
大酒飲みの地域性がなせる知恵なのかもしれませんね。

 

A水分をたくさん摂る

水分

 

お酒による頭痛は脳の水分不足による収縮やドロドロ血液による血管の拡張があげられます。
そこでお水をたくさん飲んで血管や脳に水分をいきわたらせてあげることが大切です。

 

とはいっても冷たい水を一気に飲んでしまうと余計に頭がキーンとなって痛くなってしまうので、ぬるめのお水をしっかりたくさん摂るようにしましょう。

 

また、お酒を飲むといつも頭が痛くなるという人は、お酒を飲む際に常にお水を一緒に飲んでおくと二日酔い予防になります。

 

Bアセトアルデヒドを分解する

飲み過ぎに効くサプリ

 

頭痛の原因の一つにアルコールが分解されてできる毒素、アセトアルデヒドがあります。

 

いくら頭を冷やして水分をたくさん摂ってもこのアセトアルデヒドが血液からいなくなってくれないことには頭痛がずっと続いてしまいます。

 

そのため、アセトアルデヒドを分解させる栄養素をたくさん摂って、肝臓の働きをサポートしてあげる必要があります。

 

アセトアルデヒドの分解を促進させる栄養素はグルタミン・タウリン・オルニチン・セサミンなどがあります。

 

市販されている二日酔いに効く栄養ドリンクなどにもたくさん入っていますし、普段からお酒の飲みすぎで頭が痛くなる人は日ごろからサプリメントとして常備しておくのがおすすめです。

 

Cツボを押す

 

お酒による頭痛を緩和させるのにはツボ押しも効果的です。

 

・完骨(かんこつ)
耳の後ろにある出っ張った骨の下のくぼみらへんにあるツボです。頭痛や顔のむくみなどに効果があります。
・百会(ひゃくえ)
万能のツボと呼ばれる頭のてっぺんのツボです。頭痛やストレス、飲みすぎによる腸の不調などにも効果的です。
・天容(てんよう)
下顎の側面、出っ張った骨の横にあるツボです。頭痛のほか自律神経を落ち着かせる効果もあります。

 

頭痛が治らない時は鎮痛剤は飲んで大丈夫?

鎮痛剤

 

お酒を飲んだ後に激しい頭痛!そんな時にどうしても手を出してしまいがちなのが鎮痛剤なのですが、二日酔いによる頭痛、鎮痛剤を使用しても大丈夫なのでしょうか。

 

結論から言うと、答えは「NO」です!

 

では、なぜ薬と飲むのはいけないのか、3つの理由があるんです。

 

アルコールの分解を阻害する

まず、頭痛薬に使われているアスピリン系の頭痛薬ですが、こちらはアルコールの分解を阻害することが多いのです。
鎮痛剤を飲んでも根本であるアルコールの分解が遅くなってしまうため、二日酔いが改善されない恐れがあります。

 

当然、お酒と一緒に飲むといつもより少ない量で酔っぱらってしまう恐れもあります。

 

嘔吐や吐き気の危険性

次に、ロキソニンやイブプロフェンなどは頭痛には効果を発揮するかもしれませんが、その効果の強さゆえ胃腸に負担がかかりやすいのです。

 

二日酔いで胃が弱っているときに飲んでしまうと嘔吐や吐き気を起こしてしまう危険性があります。

 

肝機能障害を引き起こす

また、市販の鎮痛剤にも使用されているアセトアミノフェンは、アルコールとの相性が非常に悪いことで有名です。
アルコールとの併用は肝機能障害を起こしてしまうのです。

 

これは悪用されて殺人事件にも使用されたほどの危険性の高いもの。
絶対に二日酔いの時には飲まないようにしてください。

 

薬とお酒は何があるか分からない


そもそも、鎮痛剤に限らずですがお薬の使用説明書には必ず「アルコールと一緒に服用することは絶対にお避け下さい」などといった文言があるはずです。

 

というのも、アルコールによって薬効にどのような変化が出るかは実のところ不明だからです。
お薬にアルコールが加わると、何が起きるかがわからないからやめてほしい、というのが本当のところ。

 

しかも、起こってしまってからでは遅すぎますからね。

 

どうしても二日酔いの時に鎮痛剤を使用せざるを得ない場合には、

  1. 鎮痛剤をのんでから1時間半以内はお酒を飲まない

    (ただし、これも絶対安全というわけではないのでお医者さんや薬剤師さんにきちんと相談してください。)

  2. 二日酔いの症状が出てから12時間は鎮痛剤を服用しない

 

この2点を守るようにしてください。

 

そもそも、二日酔いが原因の頭痛であるならば、12時間も経っていれば頭痛の症状自体が緩和されているはずです。
それでも続くようであれば他の原因を疑ったほうがいいかもしれません…。

 

二日酔いの頭痛があまりにもひどく、それが毎回続くようなら一度お医者さんに相談してみてください。
自己判断でむやみやたらに鎮痛剤を服用しないようにしましょう。

 

 

 

 

まとめ

お酒を飲みすぎると、頭が痛くなる原因は様々です!

 

体質は大きく関係していると思いますが、飲むお酒を変えるだけでも対策になります。
頭が痛くなりやすいと自覚している人は早い段階から予防しましょうね。

 

くれぐれも、薬でどうにかしようと思わないようにしてください!